無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

完結

きみが俺を忘れても、何度でも「好き」って伝えるから。

きみが俺を忘れても、何度でも「好き」って伝えるから。
  • 恋愛
  • 夢小説
  • オリジナル
高校2年生の冬。
記憶を失った私の前に現れた
クラスの人気者──悠貴くん。

「忘れないで。俺にはきみが必要だってこと」

いつも優しい言葉をかけてくれて、
つらいときは手を繋いでくれる。

どうして、私に踏み込んでくるの?

これは、私の失くした宝物を見つけるまでの物語──。

※夢機能つき作品

イラスト/nira.

チャプター

全20話
2019/08/07
第20話
前よりももっと、きみが好きだ
第19話
ふたりでいるために、この手を離すな
第18話
俺にあなたを守らせてください
第17話
早く来てやれなくてごめんな
第16話
他の男に預けるのは癪だけどな
第15話
好きなんだ
第14話
俺はずっと、その子のことしか考えられない
第13話
心配なんだから、仕方ないだろ
第12話
誰にも譲れないくらい大切な女の子ってこと
第11話
ごめんな、いきなり泣いたりして
この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでます

プリ小説オーディオドラマ

公式作品もっと見る