無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第95話

藤井 心臓病→他メン
藤井side



「ん、いた」



重岡「また胸痛いん」



「鈍痛、、、」



桐山「なんやろな」



「わかんないけど、、、いってっ」



中間「やばそうやなぁ」



小瀧「どうした方が楽?」



藤井「このままでええ」



神山「今日病院行ってみーへん?」



濵田「心配やもんなぁ」



「そんな大事なん?」



桐山「そんな大事なん?ってお前自覚ないんかい」



「あるけど、、、」



ほんとこの痛みなんなんやろ
なんか胸焼けというか胸が重い
んで、痛いねん



「んん、、、いたい、、、」



重岡「顔真っ青やで」



「んん〜」



鈍痛だったものが急にどくんどくんって動悸になった
まじでなんなんこれ



痛い、、、痛い、、、痛すぎる、、、



胸痛いよ、、、



「んん、いたいぃ」



中間「ん、痛いな痛いな」



神山「あかん、病院いかな」



「いややっ」



神山「いややって言っても無理やで」



小瀧「まねさんに連絡する」



濵田「荷物まとめてくるわ」



桐山「ほなよろしくな」



濵田「まかせて」



重岡「頑張れよ、流星」



「んっったいっ」



ほんま痛い
なんやねんこれ、、、
死にそうなくらい痛いねんけど