無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

図書室3
ディア・クロウリー
なるほど、そんなことが……
ディア・クロウリー
首輪を外してくれと謝るのも嫌だけど穏便に寮長を説得できる気がしない、と
エース・トラッポラ
まあ、そんなとこ
ディア・クロウリー
そうですねぇ。そんなに寮長とウマが合わないというのなら、転寮するという選択肢もありますが
ユウ
えっ、転寮なんてできるの?
ディア・クロウリー
はい、できます
ただし、今の寮は魂の資質によって鏡が選んだものですから
ディア・クロウリー
変えるとなるとかなり面倒な手続きや儀式が必要になりますよ
エース・トラッポラ
転寮かぁ。でもそれって、アイツに負けて逃げてるカンジがしてスッキリしねぇなぁ
ディア・クロウリー
ふむ。ではローズハートくんに決闘を申し込んで君が寮長になっちゃえばいいんじゃないですか?
全員
ええええええええええええ〜〜〜!!??!←あなた以外
あなた
(う…うるさすぎて、耳が死ぬ)
ディア・クロウリー
こらっ!声が大きい!
エース・トラッポラ
学園長が変な事言うからだろ
あなた
いや、別に変なことではないんだ。リドル先輩もそうやって寮長の座を手に入れたから
ディア・クロウリー
そのとうり
ユウ
?どういうこと
ディア・クロウリー
ナイトレイブンカレッジでは、寮長決めは前寮長からの指名であったり、現寮長に決闘で勝利したりするなど、色々とあるんですよ
ディア・クロウリー
決闘というのは1番シンプルな方法です
エース・トラッポラ
でも、魔法による私闘は禁止なんじゃ?
ディア・クロウリー
私闘はね。正式な手順を踏み学園長立ち会いのもと行われる決闘なら話は別です
トレイ・クローバー
たしか決闘の相手に事前にハンデをかすことは禁じられてるから
トレイ・クローバー
リドルに謝ることなく首輪を外してもらうこともできるな。いや、でも……
ディア・クロウリー
寮長に挑む権利は入学した瞬間から全生徒に与えられていますよ
ディア・クロウリー
どうしますか?トラッポラくん。ローズハートくんに挑みますか?
エース・トラッポラ
おっし、ならいっちょやってやろうじゃん
デュース・スペード
なら僕も
グリム
オレ様もだゾ!
ディア・クロウリー
グリムくん、残念ながら別の寮生は挑むことができないんですよ
グリム
ふな’っ!?じゃあオレ様の首輪は誰が外してくれるんだゾ!?
エース・トラッポラ
オレが寮長になれればリドルに命令して外してやるよ♪
グリム
くそー。オレ様の実力を示すチャンスだったのに……
ユウ
示す実力もそんなないでしょ←
グリム
 ウグッ――(-ω-;)―→グサッ!!!
トレイ・クローバー
お前たち本気か?デュースまでそんなこと言い出すとは思わなかったぞ
デュース・スペード
そうですか?男なら、1度はテッペンとってみたいじゃないっすか
デュース・スペード
挑むなら断然チームのカシラっすよ
エース・トラッポラ
出た。ワル語録
あなた
おい、デュース不良の片鱗が出てるぞ
デュース・スペード
えっ?……そうか?
ディア・クロウリー
では、決闘の手続きは私が請け合いましょう
ユウ
ほんとに大丈夫エースたち?
エース・トラッポラ
そんなに心配しなくたって大丈夫だって
ユウ
いや、心配はしてない
ただ寮長に瞬殺されるんじゃないかなと思って
エース・トラッポラ
…やってみないと分からないだろ!!
あなた
じゃあなにか作戦考えたらどうだ?
デュース・スペード
そうだな、馬鹿正直に真正面からしても寮長に勝てるイメージが湧かない
でも、拳なら勝てるかもしれない
グリム
確かにアイツ貧弱そうなんだゾ!
ディア・クロウリー
おっと言い忘れてました。この決闘では魔法以外の攻撃は使用禁止ですからね
デュース・スペード
え’っ
ディア・クロウリー
はっはっは!ルールを守って楽しい決闘!
ディア・クロウリー
決闘手続きは明日には終わっていますので挑むタイミングはご随意に。では、私はこれで
エース・トラッポラ
よ、よーし!魔法にはちょっと自信ないけど……なんとかなるっしょ!
デュース・スペード
お、おう!
グリム
オレ様の首がかかってんだから!きばるんだゾ!
トレイ・クローバー
お前たち……
あなた
……大丈夫、なのか?
ユウ
大丈夫じゃないと思う
エース・トラッポラ
オレが寮長になったら、ぜってぇ「ボクが間違ってましたゴメンナサイ」って言わせてやるからな!
エース・トラッポラ
あと変なルールで寮生をがんじがらめにするのをやめさせてやる!

next
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー